2018年2月11日日曜日

美しい弦の調べで、音楽の感動と深淵に触れたひととき。

2月も半ば近くとなりますと、少し寒さがゆるんだような気もしますね。
さて、去る1月30日に三木山森林公園で開催しました三木労音第162回例会「松野迅ヴァイオリンコンサート」のご報告です。
三木労音には2009年の例会ご出演、そして2011年にはレクチャーコンサートにご出演いただきました松野迅さん。
今回二度目となった例会ご出演では、森林公園の自然が美しいホールで昼夜2回ステージを務めていただきました。しかもこの日は松野さんの誕生日でもありました!
まずは昼の部。
第1部は独奏のステージ。ヴァイオリン1挺で様々な時代、スタイルの作品を演奏していただき、奥深い世界を堪能しました。
 そして珍しいヴァイオリンとピアノの同時演奏には、感嘆の声が。
第2部は、ギターの田嶌道生さんとのデュオで、シューベルトのアルペジオーネ・ソナタを中心に演奏。ヴァイオリン4弦、ギターの6弦、合せて10本の弦からやわらかく美しい響きが奏でられました。
アンコール時には松野さんのお誕生日祝いを会場の皆さんと。

そして夜の部では、ライトアップされた森をバックに音楽もさらにしっとりと。
 夜にも松野さんのお誕生日を、夜の参加者の皆さんとあらためて祝いました。
ご本人もステージで少しお話されましたが、松野さんは昨年に急激な体調悪化で倒れられ、一命を取りとめられました。そんなご経験を経ての誕生日とあって、思いもひとしおだったそうです。
そんな誕生日コンサートをご一緒し、喜びを共にできたことは、私たちにとっても思い出深い日となりました。
多くの会員の方から、松野さんのヴァイオリンの音に惹きつけられた、聴いたことのない曲にも深く感動したとの声をききました。
きっと音楽の神様が、まだまだ松野さんには音楽を伝える役割を続けなさいと、命を戻されたように感じました。
これからも身体に気をつけて、音楽を通じて多くの人に愛と希望を伝えていってほしいと思います。
松野迅さん、そして田嶌道生さん、2回の名演奏をありがとうございました!!

2018年1月12日金曜日

ドキュメンタリー映画「標的の島 風(かじ)かたか」上映会のお知らせ

2018年に入り半月近くが過ぎましたが、いかがお過ごしでしょうか。
三木労音では今月末1/30(火)開催の「松野迅ヴァイオリンコンサート」例会が近づいてきました。
三木山森林公園の森の音楽ホールに広がる、松野さんの美しいヴァイオリンの音色にぜひご期待下さいね!
インタビュー記事はこちら↓↓

さて、本日のお知らせは、「松野迅ヴァイオリンコンサート」の次の例会「うないぐみ 沖縄のこころのうた」(2018年3/26)のプレ企画として、メンバーの古謝美佐子さんも登場されるドキュメンタリー映画「標的の島 風(かじ)かたか」の上映会についてです。


「標的の島 風かたか」(三上智恵監督 2017年作品)

「標的の島」とは、沖縄のことではない。
それは今あなたが暮らす日本列島のこと。

2016年6月19日、沖縄県那覇市。米軍属女性暴行殺人事件の被害者を追悼する県民大会で、稲嶺進名護市長は言った。「我々は、また命を救う“風かたか”になれなかった」。「風(かじ)かたか」とは風よけ、防波堤のこと。
沖縄県民の8割の反対を黙殺した辺野古の新基地建設、全国から1000人の機動隊を投入して高江で強行されるオスプレイのヘリパッド建設。現場では多くの負傷者・逮捕者を出しながら、激しい抵抗が続く。さらに宮古島、石垣島でミサイル基地建設と自衛隊配備が進行していた。
なぜ今、先島諸島を軍事要塞化するのか? それは日本列島と南西諸島を防波堤として中国を軍事的に封じ込めるアメリカの戦略「エアシーバトル構想」の一環であり、日本を守るためではない。基地があれば標的になる、軍隊は市民の命を守らない—沖縄戦で歴史が証明したことだ。だからこそ、この抵抗は止まない。この国は、今、何を失おうとしているのか。映画は、伝えきれない現実を観るものに突きつける。

予告編動画↓↓


上映日時 3月10日(土)①10:30 ②13:30 ③16:00 ④19:00 ※4回上映
会場 三木市立市民活動センター3F大会議室
上映協力券 前売1,000円(当日1,500円)※高校生以下無料
前売券は、以下の場所でお求め下さい。
・ボランタリー活動プラザみき(三木市立市民活動センター)0794-83-0090
・三木労音事務所 0794-82-9775
・ジャズカフェベイシー 0794-85-7073
・カフェOTTO 0794-87-2021
・画廊喫茶とらうべん 0794-85-4385

主催 いのちを考えるみき市民の会
共催 三木労音
後援 三木市、三木市社会福祉協議会、エフエムみっきぃ76.1MHz
多くの方に観ていただきたい映画です!ぜひご予定下さい。

2017年12月25日月曜日

今年も開催しました!サークルフェスティバル2017

先週12月17日(日)、三木市立市民活動センター3F大会議室にて、毎年恒例の「年末大忘年会」的行事となりました「サークルフェスティバル」を開催しました。

前日からみんなで会場作り。

 バザーの値付けも・・・
 綿密な打ち合わせ中のステージ進行係。
 準備の段階からコーヒーやサンドイッチも出ました。
 各グループごとにリハーサルも。
 今年もこのお二人のボケとツッコミの司会が会場を沸かせました。
ステージ出演①番 ザ・ネージーズ
 ②番 グリーンヒルギターアンサンブル
 ③番 オカリナやまびこ
 ④番 樹庭夢(ジュテーム)
 ⑤番 プアプア
 ⑥番 片瀬フォークダンスサークル(Aチーム)
 ⑦番 よさこい恋 灯
ここでお昼休憩。会場には楽しい(美味しい)模擬店も。
草加野文庫の陶器とコーヒー&ケーキ
 事務局バザー&クッキー&手作りポーチ
森本自然農園の野菜や米、甘酒も。
カレーハウスmoimoiのポークカレー
Ka~Zu-手作り寿司
海の幸店の昆布、佃煮と、農民連の野菜
午後からは司会の二人もお色直し。気持ちも新たに第二部開始。
ステージ出演⑧番 浦野グループ
⑨番 あおみかん合唱団
⑩番 はやしぶんきちさん
⑪番 藤本招吾さん
⑫番 メイクメリーボイシーズ
⑬番 小巻健さん
⑭番 Lea Lea
⑮番 片瀬フォークダンスサークル(Bチーム)
最後は会場全員でフォークダンスを踊りました。
今年もバラエティーに富んだ出し物と出店、そして多くのスタッフの協力で、年末のひとときをたくさんの人と楽しく交流し合えました。
2018年も皆さん健康で、楽しい機会をたくさん作っていきましょうね!

2017年12月11日月曜日

【次回例会紹介】対話と協調による平和のハーモニーが、森のホールに響き渡る―松野 迅( ヴァイオリン奏者)

次回例会は、2009年以来二度目となるヴァイオリニスト・松野迅さんの登場です!
今回のほわいえでは、松野迅さんへのインタビューをご紹介します。
聞き手 小巻健(三木労音事務局長)




―前回三木労音例会にご出演いただいたのが2009年10月でした。今回約8年ぶりのご登場となりますが、この間の演奏活動を教えて下さい。

松野迅さん(以下松野さん)過去を振り返るのが苦手なので、整理するために少々時間をください(笑)。
では、3つのことをお知らせしましょう。
まず作曲者との直接対話です。インターネットのおかげで、作曲家と連絡がとりやすくなりました。現在三名の作曲家とメールで対話しています。彼らの作品に触れるだけでなく、意見交換ができるのが魅力的です。楽しいですね。学ぶところが大きいです。
二つめは、隠れた名曲を紹介するチャンスを心がけてきたことです。パウ・カザルス作曲「ソナタ」を筆写譜から起こし初演や録音にきり結んだり、〈名曲のかくれんぼ〉と題し、発掘した作品を定期的にプログラミングするようにしています。
三つ目に、〝ソロ〟作品のレパートリーを、『ひとり弾き』と称し、まとめてひとつのプログラムとして構成しています。ヨーロッパの教会では、しばしばソロ・リサイタルを行ってきたのですが、国内の響きの良い会場でも取り組むようになりました。
今回の三木労音例会は、この三つのポイントをすべて網羅しました。

―今回のプログラムでは、一般のヴァイオリン・コンサートではあまり見かけない作曲者名や作品名がありますね。うわさではユニークな作品もあるようですが、少し教えていただけないでしょうか。

松野さん さきほどの答えと重複しますが、作曲家との対話から演奏のきっかけになった作品があります。私が日常演奏しているヴァイオリンとピアノを駆使し演奏に盛り込む作品、を取り上げます。あとは当日のお楽しみとさせてくださいね(笑)。
(編集注※トップの写真がヒントです)

―松野迅さんといえば舞台衣装も楽しみなのですが、どのようにして選んでおられますか。

松野さん すばらしいご質問です(笑)。
ステージの上では、何も隠しごとはできません。「心の素顔」がさらされます。
衣服は人間特有のものですから、どのように着こなすかは、ヒューマニズムの表現のひとつだと私は考えています。精神と感性が表徴されます。
プログラムを決めた瞬間に衣装がひらめくときもありますが、時には前日まで悩むこともあります。今回はどちらでしょうね。

―今回の第2部ではヴァイオリンとギターのデュオとなっていますが、ギターとの共演の聞きどころ、また演奏者の田嶌道生氏についてご紹介下さい。

松野さん ヴァイオリンとギターは共に弦楽器であるだけではなく、純正調で演奏できるところが魅力です。平均律ではない世界をお届けできます。
 そして、ブラジル音楽からクラシックまで幅広いジャンルで活躍されるギタリスト・田嶌道生さんとのセッションは、いつもワクワクします。今回はシューベルトの名作をしっとりとご一緒します。

―最後に三木労音会員にメッセージをお願いします。

松野さん 私のライフワーク・テーマは〔平和〕です。これには対話と響きあう心持ち、そして各々の寄り添う精神が大切です。
演奏は、まず協調・共同の立場に立つことで成り立ちます。これは、共演者はもとより、作曲者や聴いてくださる方々も含めてのことだと私は考えています。
数多くのコンサートを作り上げてこられた労音の活動理念は、〔平和の礎〕なのです。私も小学生の頃から参加してきました。
日本の労音運動も、20世紀に活躍したチェリスト・指揮者のパウ・カザルスが、バルセロナで提唱したのが始まりです。会員さん各々の意志力が基礎となる分母、舞台・演目という分子、その両者の意思疎通とバランスがとても大切ですね。
労音の会員さんによる真の〔文化力〕に期待しています。



プロフィール

松野 迅(ヴァイオリン)
1960年1月30日、大阪に生まれる。8歳より音楽をはじめ、13歳より演奏活動を開始。これまでアジアとヨーロッパ各地でリサイタル、室内楽、協奏曲などの演奏活動やレコーディングを行ってきた。コンサートホール以外のステージも数多く、学校、病院、各種施設などでの公演は世界各所にその足跡を残している。
作曲・編曲もてがけ、作品を発表している。エッセイストとして新聞や雑誌への執筆を行い、またエッセイ集が未來社、かもがわ出版から刊行されている。
毎年夏には音楽祭「室内楽イン」を白馬で主催し、2018年は33回目を迎える。京都市立芸術大学卒。日本音楽著作権協会会員。

田嶌道生(ギター)
ギター・デュオ・グループ『ドゥーズ・コルデ』のギタリスト。平倉信行と共にクラシック、ブラジルのショーロ、ピアソラなどの演奏で活動している。 ブラジルのミュージシャン、エヴァンドロ、ネルソン・サルジェント、デオ・ヒアン、シェン・リベイロ、エンヒキ・カーゼス、などのツアー及びレコーディング、各メディアなどに出演。ブラジルの伝統音楽“ショーロ”のグループ“ホーザ・ホーシャ”のメンバーとしても活動中。また「沢田知可子」「米良美一」「ピーター」「秋元順子」他、アレンジ、サポートなども多彩に手がけている。ギター教本などの著書や曲集のアレンジも数多く、幅広いジャンルで活躍中。


三木労音第162回例会
松野迅 ヴァイオリンコンサート
2018年1月30日(火)[昼の部]13:30開演 [夜の部]18:30開演
兵庫県立三木山森林公園 音楽ホール
参加費 会員/会費のみ 一般/4,000円
入会希望の方は、チラシ裏の入会申込書に会費2か月分(松野迅例会から参加希望の方は12・1月分)と入会金(1,000円)を添えて、三木労音会員か事務局までお申し込み下さい。
ホームページからのお申込みはこちら→http://www.mikiroon.com/info.html
詳細は三木労音事務局 TEL 0794-82-9775、またはメールinfo@mikiroon.comまでお問い合わせください。